冷蔵庫 配送 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミを処分する方法

引越し 粗大ゴミ

 

冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの家電の寿命はだいたい10年前後と言われます。
引越しの際に古い家電を買い替える検討をしているなら、家電の処分についても知っておきましょう。

 

まず家電リサイクル法というものがあります。

 

家電リサイクル法で定められている家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店、もしくは買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

リサイクル料は家電によって異なりますが、だいたい1000〜5000円くらいです。
もし家まで回収に来てもらう場合は回収費もかかります。

 

家電の買い替えを検討していない、買ったお店がすでに閉店している、お店が近くない場合など困った方は、お住いの自治体のリサイクルセンターなどに相談してみましょう。

 

では他の粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
方法は@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をかけて、回収日を予約します。
次にスーパーやコンビニで販売している粗大ゴミシールを買います。

 

これは回収手数料にあたりますので、粗大ごみ1個につき粗大ゴミシールが1枚必要です。
料金はゴミの種類によって異なります。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれる仕組みです。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前を聞かれると思いますので、メモなどを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
自分で持っていく場合は、ごみシールを貼る必要はありません。

 

施設についたら身分証の提示、車の重さを計量して粗大ゴミを廃棄、もう一度車の重さを計量して粗大ゴミの量を計算します。
100kgを超えた場合、数百円程度の手数料がかかります。