冷蔵庫の引越し料金の仕組み

引越し料金の仕組み

冷蔵庫 引越し 仕組み

 

引越し料金は荷物の量が多ければ多いほど、費用が高くなります。

 

なぜなら荷物が多ければそれだけスタッフの人数は多く必要となりますし、大きいサイズのトラックを用意しなければならないからです。
一人暮らしでも本やゲームなど荷物の多い人は費用がかかりますし、単身パックに収まる量の荷物しかない方は費用が安いです。
一人暮らしの引越し料金〇〇万円!という風な記載ができないのはそのためです。

 

引越し費用を安くするには、不用品は引越し前に普通のゴミ収集日を狙って捨てたほうが良いということです。
いらないものは引越し前にできるだけ処分して、荷物を減らしましょう。

 

時間がなくて処分できない場合は、不用品の処理費はオプションとして別料金で引越し業者が引き取ってくれます。
引越し日までに売る、あげる、捨てるなど計画的に処分しておくことで引っ越しの費用が抑えられます。

 

もし見積もりの際には捨てるつもりで記載しなかった家具が当日残っていたりすると、トラックにすべて詰め込めない・追加料金が発生したなどのトラブルになる可能性があります。
見積もりの際に処分しているつもりのものは必ず処分しましょう。

 

どうしても処分できなかった場合は、すぐに引越し業者に連絡しましょう。