冷蔵庫 配送 料金

冷蔵庫の配送を格安にする方法

 

冷蔵庫配送料金

 

冷蔵庫配送格安

 

冷蔵庫配送安く

 

冷蔵庫配送激安

 

大型冷蔵庫を運びたい。
でも自分で運ぶのはちょっと無理そうです。

 

それもそのはず、大型冷蔵庫は160〜180センチ、重さも100kg近いものもたくさんあります。
素人が簡単に動かせるものではありませんし、少し移動させるのも扱い方が慣れていない人には危険です。

 

では冷蔵庫を配送してくれる業者はどこでしょうか?

 

@便利屋
A大手の宅配業者(家財便のある所)
B引越し業者

 

残念ながら郵便局のゆうパックは、30kg以下までしか扱いがありませんので、大型冷蔵庫は配送できません。

 

ではこの便利屋・宅配業者・引越し業者の中で1番安く大型冷蔵庫を配送してくれるのはどこでしょうか?

 

まず便利屋ですが、1時間単位での料金体系となっています。
ですから冷蔵庫を1階から2階に運ぶとか、ご近所にあげる場合にはオススメです。
遠くへの配送には向きません。

 

大手の宅配業者は同一県内での配送が約16000円、東京〜大阪間で約19000円です。距離が長くなればなるほど配送料は高くなります。

 

では引越し業者はどうでしょうか?
それが引越し業者には大手から地域密着型の所まで沢山あるので、料金体系がはっきり分からないのです。
これだけは一括見積もりをしてみるしか方法がないのです。

 

引越し業者には「大型家具だけを運ぶサービス」がありますが、料金についてはホームページにも記載がありません。

 

一括見積もりをしてみて、大手宅配業者よりも安く冷蔵庫を配送してくれる引越し業者が見つかると良いですね。

 

冷蔵庫配送料金

 

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ライフル引越し
引越し

・住まい探しのライフルの引越し
・はじめての引越しにもおすすめ
・あなたに合った業者とは

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し相場と時期

 

引越し費用は1年中いつ依頼しても同じ値段というわけではありません。
同じ距離、同じ荷物の量で引越しをしても、繁忙期と通常期では値段が変わります。
これは冷蔵庫のみ配送したいときも同じです。

 

では繁忙期とは一体いつのことをいうのでしょう?
繁忙期はズバリ3月のことです。

 

3月は1年のうちで最も引越しの件数が多く、引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

なぜなら日本では4月から新学期を迎えるからです。
新学期に備えて、新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするからです。

 

さらにそれだけではありません。
多くの会社で春と秋に人事異動があって、春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。

 

転勤の辞令が出たサラリーマン家族の引越し、単身赴任をするサラリーマンの引越しもこの時期に加わります。
これだけ多くの引越し理由があるのですから、繁忙期は大忙しなのです。

 

繁忙期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者と契約しておきましょう。

 

 

引越しの初期にかかる費用とは

 

引越し初期の費用

 

引っ越しをするにはいろいろなお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
物件を契約するときに必要な初期費用にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用は、次のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など
これだけですと何のお金かわかりにくいですね。

 

・敷金はいわゆる修繕費です。入居前に管理会社に預ける形となっています。
部屋が綺麗に使われていて修繕するところがなければ残ったお金は返金されることが多いです。
敷金ゼロの物件もありますが逆に退去の際に取られることがあります。 
もともとあった大きな傷、凹み、汚れは家具を入れる前に写真に撮って証拠を残しておくといいですよ。

 

・礼金は昔からある慣習で大家さんに支払われるお金です。しかし最近は礼金ゼロの物件も増えています。
賃貸アパート経営の流行で多くの物件が作られましたが、人口減少もあいまって空室が問題となっています。
少しでも入居しやすいようにという配慮かもしれませんね。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いするところも多いです。
そこそこの貯金がないと入れませんので、きちんと貯金をしている人かどうか判断されます。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
〇〇円と法律で決まった額はないので、会社によって金額が異なります。最近は仲介手数料が無料の会社もあります。

 

・火災保険の加入は必須です。
日本は木造住宅が多いので、1か所から火が出ると燃え広がる可能性が高いです。火事はお互い様なのです。
ですから火元が自分でない火事で、もらい火をして全焼の場合でも火元の住民に賠償を求めることはできません。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
以前は連帯保証人として親・兄弟・親戚の名前を契約書に記入させ、家賃滞納の際にはそちらが支払うようになっていました。
しかし最近は一人親・一人っ子・親戚づきあいの希薄などで連帯保証人を立てられない人も増えました。
そのため身元保証会社にお金を払って利用するのが主流となっています。

 

・家のカギは家族の分をスペアキーとして作る人が多いため、結局いくつ作られたのかは大家さんにも管理会社にもわかりません。
前住人が良い人という保証もありませんので、防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。
カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。

 

 

引越しのあいさつ

 

引越し相場と挨拶

 

 

引越ししたらご近所に挨拶に行かなければなりません。いつごろ行けばいいのか、どこまで行けばいいのか、何か持って行ったほうがいいのかなど疑問はつきません。
引越しの挨拶、一般的な常識をおしらせいたします。

 

まず、引越ししたらその日もしくは翌日までに挨拶に伺いましょう。一軒家の場合は、向こう3軒両隣と言って向かいの家とその両隣、そして自分の家の両隣に伺います。

 

一軒家の場合自治会などがあることもありますので、自治会長に挨拶に行くこともあります。ゴミ出しのルールなどを教えてもらわなければなりませんので、手土産を用意するなら余分に用意しておくと安心ですね。

 

そしてマンションの場合は、左右と上下の4件に挨拶するのが一般的です。集合住宅は生活音などのトラブルも少なくないので、挨拶しておくと印象が良いですよ。

 

手土産には何を持って行けばいいのか迷いますね。
大手の引越し業者には、挨拶品のカタログなどのあります。その中にはタオルや洗剤、入浴剤などの生活用品やコーヒー、紅茶、のり、油などの食品などがあります。
300円〜1500円くらいで用意する人が多いようです。

 

一人暮らし用のマンションなどでは挨拶に行かない人も増えています。ご近所付き合いが希薄なのでしょうけれど、できれば最初のあいさつくらいはしておくといいと思います。

 

 

引越しの手順

 

冷蔵庫配送手順

 

引越しはすることが多いので、先に手順を知っておくと動きに無駄がありません。
ぜひおおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しですから引越し業者は早く決めておきたいところです。
しかし新居の情報がないと距離やエレベーターの有無などがわからず、正確な見積もりが出せません。
引越し業者への見積もりは、新居が決まったらすぐがオススメです。
一括見積もりで複数の業者から見積もりを取り、一番条件の良い引越し業者と契約しましょう。

 

引越し料金は荷物の量に比例します。荷物が多いほど費用が高くなるのです。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから当然ですね。
引越しの前に、できるだけ不用品は処分して、荷物を減らしましょう。
使わないものからどんどん梱包していくといいですよ。

 

市外へ引越しする場合は、市町村役場で転出届を提出します。
転出届は引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかり面倒なことになります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡します。
引越し日までの費用を日割り精算してもらうことができるので、手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡を。

 

同一市内の引越しなら新居で電気・ガス・水道を引越し当日から使えるように手配してもらいましょう。

 

さて引越しして郵便物が届かなくなるのは困りますね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年の間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家財のの配置をスタッフに指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いて渡しておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運ぶことをオススメします。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、自分の管理で大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら「転居届」を市外引越しなら「転入届」を提出しましょう。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないことも。
必ず行ってくださいね。

 

冷蔵庫 引越し 安い

 

荷物が少なければ、レンタカーでの引越しすることも考えますよね。
レンタカー引越しの条件は@距離が近いこと A荷物が少ないこと B人手があることなどがあります。

 

自分で引越しする場合でもやはり2〜3回は往復すること考えられますから、遠いとレンタカーでの引越しは難しいです。
それに素人が大きな家財を積み込むには、上手に積み込むことができません。
運搬中に冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うとと怖くて、一度にたくさん積み込めないものです。

 

そして荷物が多い場合は何度も往復せねばなりませんし、時間がかかるとそれだけレンタカーのレンタル料がかさみます。
それにレンタカーはガソリン代を満タンにして返さなければなりませんので、返却する際は少し早めにレンタル会社に戻らねばならないのです。
時間に追われると気が焦ります。

 

あとは2〜3人手伝ってくれる人がいることです。
タンスや洗濯機などの大きなも家財は人手がないとトラックに積み込めません。
手伝いが1人だとその人に負担がかかって、申し訳ない気持ちになるので2〜3人は欲しいところです。

 

レンタカー引越しは安くなるイメージがありますね。
トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】です。

 

しかしこれだけではなく、友達への謝礼・お弁当・お茶代などもかかります。
そしてもし引っ越しの最中に家電を落として壊しても、補償がありません。

 

場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もありますから、比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

 

 

 

冷蔵庫の引っ越し料金は比較してみるとよくわかります
どこまで調べたら一番いいのかわからなくなってきたので一括見積もりを利用してみた。